空港でのサーモグラフィー活用 | 株式会社松電舎【安心の低価格】

空港でのサーモグラフィー活用

伊丹空港では、JAL、ANAともに搭乗口にサーモグラフィーが設置されています。

■ ANA搭乗口

通路は T字型にしており、正面のサーモグラフィから左右に分かれて

登場口に向かいます。

 

 

■ JALの搭乗口

通路は L字型にしております。

 

2秒立ち止まって、セルフチェックです。 30人/分の処理能力でしょうか?

遠隔監視中と書いてあるので、一応はどこかでチェックしているのでしょう。

モニタを別のカメラで捕らえて転送しています。(少しローテクですが・・)

 

■ JALのVIPな人たちの搭乗口

通路は L字型です。

映像分割器で2つのモニタに出力。
裏のモニタは、別の小型カメラで監視しています。