マイクロスコープ、実体顕微鏡、外観検査ソフト、工業用USBカメラ、工業用内視鏡、LED照明など安心の低価格で販売しております

自動外観検査の実験

自動外観検査の実験

         

産業用USBカメラ工業用USBカメラ 工業用内視鏡を低価格での販売をしております。

130万画素、200万画素、300万画素USBタイプをラインナップ。

各種レンズ、LED照明も低価格で販売をしています。

低価格 産業用 工業用USBカメラの詳細はコチラ!

低価格 工業用内視鏡の詳しい内容はコチラ!

?

自動外観検査で良品なのに不良品となってしまう多い例をご紹介いたします。

まずはこちらの絵をご参照ください。

ボルトなど金属は光の影響を大きく受けます。

今回は照明の当たり具合でボルトに当っていた光が変わりハレーションを起こしたりマスター画像ではハレーションを起こしていた部分がハレーションを起こして無かったりとかなり不安定です。

今回の検査はある部分にボルトが付いていれば合格と言う条件なのでマスター画像との比較よりは色指定で物があるかどうかの検査に変えることにより検査が楽になります。

まずボルトに光を当てハレーションを起こさせます。

ハレーションの真っ白の部分の色を指定色に選びます。

あとは検査でボルトに光を当ててハレーションを起こせばボルトが付いているということで合格

ハレーションが起きていない場合はボルトが付いていないということなので不合格

設定もとても簡単にボルトが付いていない不良をなくします。

産業用USBカメラ 工業用USBカメラ 工業用内視鏡、自動外観検査ソフトの気になる価格はこちら!

ページトップへ