実体顕微鏡の選び方 | マイクロスコープ・産業用カメラ・顕微鏡の光学機器専門メーカー|株式会社松電舎【安心の低価格】

実体顕微鏡の選び方

実体顕微鏡は、両目で対象物を覗いて”立体的に観察”出来る顕微鏡です。

一例ですが、「時計等の細かな製品の組立」や「歯科技工士の方が使用する実体顕微鏡」等、立体物の観察、検査等に使用されています。

 
松電舎では大きく分けて以下の顕微鏡をラインナップしております。
実体顕微鏡
実体顕微鏡とは対象物をそのまま観察でき、比較的立体的に観察できるタイプの顕微鏡です。 生物や植物の観察の他に、基板の検査などの工業的分野で広く使われています。 顕微鏡用カメラを取り付ければパソコンで画像処理も行なえます。
 

 

生物顕微鏡
主に生物学や医学の分野で用いられる顕微鏡。高倍率の観察が可能。 微生物などの観察だけでなく幅広い分野で使用可能。カメラ内蔵生物顕微鏡、三眼タイプ生物顕微鏡をラインナップ。
 

 

金属顕微鏡
金属表面の観察に適した顕微鏡。対物レンズ側から光を対象物にあてて反射光で観察する顕微鏡。
 

 

アーム式顕微鏡
スムーズ操作で作業効率アップ、高性能で低価格なアーム付実体顕微鏡、工業用顕微鏡アーム。歯科技工士、またジュエリーの加工用の顕微鏡としても最適です。
 

 

更に詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

 

マイクロスコープなんでも辞典