マイクロスコープ、実体顕微鏡、外観検査ソフト、工業用USBカメラ、工業用内視鏡、LED照明など安心の低価格で販売しております

2009 年 3 月 19 日 のアーカイブ

実体顕微鏡とは。

2009 年 3 月 19 日 木曜日

実体顕微鏡とは、観察するサンプルをそのまま拡大して観察できる顕微鏡のことです。

倍率は数倍から数百倍程度までの比較的低めに設定されています。

通常の顕微鏡の場合、サンプルを薄切り標本にして光を下から当てて観察するが、実体顕微鏡は上から光を当ててサンプルの表面で反射した光を観察します。

サンプルとレンズの間に広いスペースを確保でき、立体的に観察できるのが特徴です。広い視野範囲が必要なマクロ観察に適しているので生物や植物の観察のほかに、工業分野では基板検査や外観検査などによく使われています。

ページトップへ