設備監視ドライブレコーダーTriggerWatcher| 産業用・工業用カメラ | 株式会社松電舎【安心の低価格】

設備監視ドライブレコーダー TriggerWatcher

TriggerWatcher
52,000円 (税抜)
デモ貸出OK

生産現場のドライブレコーダー
設備の捉えにくい突発的な事象を確実に記録!

トリガーが入った前後を記録、確認できるソフトです。

●突発的な事象を確実に記録するソフトウェアです。
トラブルが発生した箇所を動画で確認ができます。

●チョコ停の原因究明にも利用できます。

●パソコンのHDD/SSDに直接録画します。

●録画保存形式はAVIファイルのため、他のパソコンに画像を移し確認することも可能です。

●DN3V(USB3カメラ)シリーズに対応
※CS(USBカメラ)シリーズ、EG(GigEカメラ)シリーズ対応版はこちらから

 

※画像を扱う処理は基本的にCPUパワーとたくさんのメモリを必要とするため、出来ればCeleronやPentiumやAtomのような処理能力が低いCPUは避けてください。詳細はこちらから

製品のお問い合わせ
デモ機納期: 1~3日
製品納期: 7日
phone06-6364-3000
TriggerWatcherの特長
 
 

 

●ドライブレコーダーのように、トリガー信号の前後が残るように録画します。
●トリガーから遡って数分・数十分といった長時間の動画を残すことが可能です。

 

→異常発生の瞬間を見逃しません。
 また後から異常発生時を探しやすいように、トリガー前後の時間は任意の時間を設定できます。

 

 

 

 

 

 

●外部トリガー信号がなくてもマウスクリック等をトリガーとして動画の録画ができます。

 

→パソコン、カメラ、ソフトウェアだけで簡単に検査がスタートできます。

 
 

 

TriggerWatcherの撮影イメージ
(※クリックすると画像が拡大します。)

 

計測機能付きPCモニタダイレクトカメラ

 

 

 

 
 

 

設備の監視用途に最適!
 

 

動作OS
●Windows7 Professional 32bit / 64bit
●Windows8 Pro 32bit / 64bit
●Windows8.1 Pro 32bit / 64bit
●Windows10 Pro 32bit / 64bit
 
Windows7では .NET Framework 4.5.1 以上がセットアップされている必要があります。
 
解像度が500万画素以上のカメラを2台以上、解像度が130万画素以上のカメラを3台以上使用する場合は、64bit Windows 必須です。

 

 

使用するパソコンの注意
画像を扱う処理は基本的にCPUパワーとたくさんのメモリを必要とします。
高解像度・高フレームレートになれば指数的に高い処理能力と多くのメモリが必要になります。
出来ればCeleronやPentiumやAtomのような処理能力が低いCPUは避け、Windows8以前の古いパソコンでは貸出しを利用して十二分に動作検証を行うようにしてください。
500万画素以上のカメラや、複数台カメラを1台のパソコンで処理する場合は、できれば最新のi7のような高い処理能力を持ち、64bit Windowsでメモリを16GB搭載するものをお選びください。

関連製品

設備の動きが高速の場合、
ハイスピードカメラ・ハイスピードカメラ用ソフトウェアのご用意がございます。
 

 

248,000円
(税抜)
 
 
248,000円
(税抜)
 
 
ハイスピードカメラCH30-C/Bは、有効画素数640×480(VGA)の解像度で800コマ/秒、また640×360の解像度時は最高速度1,000コマ/秒の高速度撮影が可能なカラー/、モノクロのデジタルハイスピードカメラです。
 
色が必要の方はカラーカメラをお選びください。
色が重要でなく明るい画像が必要な方はモノクロカメラをお選びください。

 

※レンズは別売です。

ハイスピードカメラ
 
 
52,000円
(税抜)
 
ドライブレコーダーのように、トリガーが入った前後を記録、確認できるハイスピードカメラ用設備監視ソフトウェアです。

 
ご希望に応じて専用パソコンをオーダーメイドで承ります。
お気軽にご相談ください。
ハイスピードカメラ

この製品について問い合わせる

phone06-6364-3000

営業時間: 10:00 ~ 19:00
土日祝休