内壁検査方法について

内壁検査とは?

一般的に内壁検査と言うとボアスコープの側視鏡を使用した組み合わせをイメージするかと思います。
側視鏡を使用すれば内壁はよく見えますが、映し出せるエリアは限られております。
その為、側視鏡を回して全方位を見るという作業が入ってしまいます。

 

 

内壁検査に有効なレンズ

ボアスコープ以外にも内壁検査に有効なレンズがございます。
その名も360°ホールインスペクションレンズです。
その名のとおり360°視野を捉えるため、穴の外から内壁を全方位見ることが可能です。
※対応可能な穴のサイズがありますので、全ての穴で使用できるという事ではありません。
作業効率もUPする為、採用できる箇所があれば是非ご検討下さい。

 

 

 

 

150°耐熱ボアスコープ

耐熱ボアスコープ

 
耐熱ボアスコープは150℃を超えると冷却装置が必要になるという内容をまとめております。
ボアスコープの耐熱仕様について

弊社でも耐熱のボアスコープを扱っておりますが標準にご用意しております耐熱タイプは120℃となります。
120℃対応ボアスコープ(φ4.0mm)

ただ耐熱をご希望される内容で150℃まで耐えられるタイプが欲しいというお話も聞きます。
弊社の標準ラインナップではご紹介しておりませんが、取り寄せという形でご紹介することが可能です。
カールストルツ社製のφ4タイプをご紹介可能です。
詳細が必要な方はお問い合わせ頂ければ幸いです。

 

 

 

 

φ1.8mmボアスコープについて

φ1.8mmボアスコープの特長

超細径φ1.8mmボアスコープについて
今まで直接見ることが出来なかったワーク内部や穴の検査が
先端径1.8mmの超細径ボアスコープで非破壊検査が可能となります。
有効長95mmと非常に取り回しの良い長さで、小さい部品や金型も見やすく
検査時に対象物と目の距離が近いため、身体や目の負担軽減につながります。
超細径となると視野角が狭いイメージがありますが、弊社機種の特徴は細いのに視野角80°と広角です。
またレンズも非常に鮮明で違和感なく観察が可能となります。
勿論カメラアダプタを使用することでCマウントカメラに接続し映像を見ることも可能です。

ショールームでご覧いただけます。

超細径という事もあり、非常に折れやすいため、デモ機のお貸出は行っておりません。
試してみたという方は申し訳ございませんが大阪、東京ショールームをご検討頂ければ幸いです。
 

 

 

 

ボアスコープ用高感度ハイビジョンカメラ

ボアスコープに必要なカメラは?

ボアスコープにカメラを装着すると暗くなってしまいます。
その為、高感度のカメラや光量の強い照明が必要となります。
弊社でご用意しておりますBA200HDは低価格かつ高感度ですが対象物の条件やボアスコープの種類によってはBA200HDでも暗くなってしまいます。
光量の強い照明を使うというのも手ですが、光量の強い照明は高価です。

 

 

オススメ機能『おまかせ露光 匠』

そこでご紹介するのは弊社の高機能ハイビジョンカメラです。
高機能の中には高感度も含まれており、『おまかせ露光 匠』機能も相まって暗い状況には非常に効果的です。
一つ欠点を言うと、カメラ素子サイズが1/2.8インチと小さく、映像に映し出せられるエリアが少し狭くなってしまいます。
ただその分φ2.7以下のボアスコープとの相性は良いです。

 

 

 

 

ボアスコープの耐熱仕様について

耐熱ボアスコープは
150℃を超えると冷却装置が必要となり、完全なカスタム品となります。
冷却装置が不要なものであれば、150℃程度まではあります。
これであれば、追加装置等も不要ですので簡単に導入できます。
 

 

それ以上になると、別途冷却装置が必要となります。1800℃程度までは対応可能です。
但し、冷却装置等の付属装置も必要となりますので、完全にカスタム品となります。
 
 
また松電舎では120℃まで対応の耐熱ボアスコープもご用意しております。
 

 

 

 

 

内視鏡の光源

松電舎のボアスコープ用LED照明、ハンディ照明はM10、P=0.5の
各種ボアスコープ、ファイバースコープに取り付け可能です。

 


ボアスコープ用LED照明

ボアマイクロスコープ用 ハンディ照明(電池式)

 

 

 

松電舎のボアスコープ用光源はこちらから。
 

 

マイクロスコープなんでも辞典

 

ボアスコープとファイバースコープの違い

内視鏡(エンドスコープ)は大きくわけて3つのタイプがあります。
 

 

1. ボアスコープ(硬性鏡)
先端部にロッドレンズが入っているタイプです。
 

 

2. ファイバースコープ
先端は光ファイバーとなります。
ファイバーが折れないレベルで中継部をフレキシブルに曲げることができ、ボアスコープ以上に細径にできます。

 

3. モニタ直結タイプ ボアスコープ(硬性鏡)
先端はレンズだけなのでφ0.7mm程度まで細径にできます。
ボアの部分だけみると映像は一番クリアです。

 

 

 

マイクロスコープなんでも辞典

 

ボアスコープの高温・耐熱対応について

耐熱ボアスコープは
150℃を超えると冷却装置が必要となり、完全なカスタム品となります。

松電舎では高熱120℃までは使用できる
冷却装置が不要な耐熱タイプのボアスコープがございます。

 

 

 

 

それ以上になると、別途冷却装置が必要となりますが、1800℃程度までは対応可能です。
1200℃まで対応できる水冷式タイプのボアスコープの特注実績はこちら
 

 

 

 

マイクロスコープなんでも辞典