偏光観察とは

通常、
(1)2枚の偏光フィルターを使い、
(2)互いに直行方向になるように調整して
観察をします。

 

サンプルの偏光特性に応じたコントラスト、色づきを得ることができます。
サンプルの反射、ぎらつきを抑えるのにも有効です。

 

(1)2枚の偏光フィルターを使います。

弊社 金属顕微鏡の場合

 
(光源側) (レンズ側)
   
弊社 マイクロスコープの場合 (ハレーション除去マイクロスコープ)

(光源側) (レンズ側)
   
(2)直行方向になるように調整

2枚の偏光フィルターのどちらかが、調整できるようになっています。

弊社 金属顕微鏡の場合
(光源側で調整します。)
 
   
弊社 マイクロスコープの場合(ハレーション除去マイクロスコープ)
(レンズ側で調整します。)
   
偏光フィルターを回していくと徐々に変化していきます。
   
<実際に偏光をかけた場合の実例>
●基板の半田の場合  
<Before> <After>
●ビニールの表面  
<Before> <After>
●保存スティック内のICチップ  
<Before> <After>
●ICの印字  
<Before> <After>
●半田部  
<Before> <After>
●反射率の高い部分と低い部分が混在する対象物
<Before> <After>
●フィルム上の印刷  
<Before> <After>
●ビニール袋の中の対象物  
<Before> <After>
●白い樹脂の凸文字(エンボス部)  
<Before> <After>
   

(注意)偏光をかけることにより、反射やぎらつきを抑える効果はあります。
但し、完全に防げるものではありません。対象物によっては効果の薄い場合もあります。

 

ハレーション除去するための松電舎製品

入光側・発光側、両方に偏光フィルターを取りつけることでハレーションを大幅に除去できます。

 

マイクロスコープ用ハレーション除去セット GR-HL

レンズ先端、LEDリング照明に偏光フィルターをつけたWフィルターでハレーションを大幅に軽減。

 

レーション除去マイクロスコープ HTG500CS