USBカメラで動画録画する方法 | 株式会社松電舎【安心の低価格】

USBカメラで動画を保存する方法

長時間動画の撮影

 
お客様から、USBカメラで「長時間動画を撮影保存したい。」というご要望をいただくことがあります。

弊社USB3.0カメラでは、TriggerRECというソフトウェアを用意しており、簡単に長時間動画ができます。

 

 

長時間録画ソフトウェアの特長

 
※H.264圧縮(.mp4)/非圧縮(.avi)形式での動画録画が可能。
いつでも静止画を撮れるスナップショット機能、
外部信号とタイマーを組み合わせた多彩な録画/停止トリガー機能
など、多彩な機能も付属しております。

弊社USB2.0カメラでは、付属の標準付属のViewerソフトウェアで録画が可能ですが、書き出すAVIファイルの規格が古く、ファイルサイズの上限に2Gバイトの制限が存在します。
短い時間でよければ、このViewerソフトウェアが使えます。
(130万画素タイプ(1280X1024)で30fpsの場合15秒程度録画できます)