アナログRGB(D-sub15ピン)とは

本来はパソコンの映像信号をディスプレイに送る為の接続規格です。
インターフェースはアナログRGB端子です。
(ミニD-sub15ピン端子、VGA端子ともいいます。)
パソコンにUSBケーブルで接続して画面上に拡大表示させるマイクロスコープです。

 

 

弊社ではこの規格で映像出力できるカメラを「PCモニタダイレクトカメラ」と呼んでいます。(これは一般的な呼称ではありません。)
一般的には「アナログRGB出力カメラ」「アナログカラーカメラ」と呼んでいるところが多いようです。

 

アナログRGB端子を持った映像機器(PCモニタやプロジェクター等)に直接接続できます。