検査ラインで使う表示遅れのないマイクロスコープ

検査ラインでご使用なら表示遅れがないハイビジョンマイクロスコープ、ビデオマイクロスコープもしくはPCモニタダイレクトマイクロスコープが適しています。
フルハイビジョンの高解像度で観察したいのであればハイビジョンマイクロスコープ、高解像度なものでPCモニタにつなぎたいものであればPCモニタダイレクトマイクロスコープ、 解像度を気にしないのではあればビデオマイクロスコープ、が最適でしょう。

 

 


ハイビジョンマイクロスコープ

ハイビジョンマイクロスコープ

メリット
なめらかな動きとフルハイビジョンの
高解像度を両立。
HDMI端子のついたフルハイビジョンの
パソコンモニタ、産業用モニタに直結
できる。

デメリット
HDMI端子がついたフルハイビジョン対応
のモニタでないと使用できない。

   

PCモニタダイレクトマイクロスコープ

PCモニタダイレクトマイクロスコープ

メリット
なめらかな動きと高解像度を両立。
パソコンのモニタ、RGB端子のついた
ハイビジョンモニタに直結できる。
※モニタはカメラの解像度と同様、
もしくはそれ以上のもので4:3の
スクエア型、もしくは4:3の切替
機能があるワイドモニタをご使用
ください。

デメリット
モニタ直結のため、画像保存の方法
が限られている。

   

ビデオマイクロスコープ

ビデオマイクロスコープ

メリット
ビデオ端子さえあればどこでも使える。
なめらかな動きが特徴。
豊富な外部危機が多種多様に市販され
ている。

デメリット
テレビモニタの走査線の数に依存
するため、解像度が低い。

 

 

USBマイクロスコープではUSBの通信速度に依存するためどうしても表示遅れが出てしまいます。

現在主流となっているUSB3.0マイクロスコープを使用すれば表示遅れは大幅に軽減されますが、モニタ直結タイプと比較するとどうしてもリアルタイム性は劣ります。