顕微鏡映像を広い視野で撮影する方法

顕微鏡の裸眼観察の視野が右図であるとした場合、  
     
通常は1/2インチカメラと0.45倍リレーレンズをセットします。
その場合、右図の視野になります。

0.45倍のリレーレンズをセットすることで、画像の四隅にケラレ(影)が発生しないようにしております。

 
     
どうしても視野を広く取りたい時は 1/2インチカメラに視野の広い0.37倍リレーレンズ(広角) をつければ、右下図のようになります。
*若干、周囲歪が発生します。