ティルトアオリとは

レンズの光軸を傾けて、焦点深度を調整する方法です。
レンズ面に正対していない傾いた対象物全体に焦点を合わせることができます。

 

上段は通常通りにレンズを接続
下段は光軸を傾けています。(接続部は自作)
   
この2つを使い、基板を斜視します。  
 
   
<通常撮影した場合> <アオリ手法で撮影した場合>