AI外観検査ソフトと人間が行う目視検査の違い

人がやっている外観検査やカウントでは以下の問題のどれかが必ず発生しています。

問題1.
・検査担当者の個人レベル差が生じる
・または検査仕様書はあるが検査基準が微妙である
例)
熟練者の場合はNG品の見逃しが少なく、グレー品をNGとするのも少ない。
経験浅い者:NG品の見逃しが多く、グレー品をNGとするのも多い。
このグレー品を熟練者が再検査しなければならないということは再検査の必要があり、効率悪い。
または廃棄金額が多くなる

問題2.
熟練者であったとしても
人は疲れや気分により検査が変わる。
または置場間違いのようなポカミスをしてしまう。
例えばお腹が空いたなぁと思いながら、検査しているかもしれません。

問題3.
人件費がかかる。
熟練者であればあるほど賃金高騰する。

逆にこのAI-Detectorは疲れません。
気分のムラもありません。
賃金UPも要求されません。
ですが複雑なことは出来ません。
しかし従来の自動外観検査ソフトと違って、マスター写真を追加することで熟練度がアップできます。

上記のヒューマンエラーを減少させることや、人件費を抑えるため
今、「人がやっている簡単な外観検査やカウント」をこのAI-Detectorに置き換えて頂くことで上記問題がクリアになります。

AIを使った自動外観検査が他メーカーさんでも色々とありますが上記のような効果のためには活用しにくいものでした。

理由は
・システム全体の価格が高すぎて、費用対効果がでない。
テストするのも尻込みする価格であった。
→その点、AI-Detectorは178,000円(税抜)と超お買い得価格です。

・マスター写真が200~500枚程度とビッグデータが必要。
→その点、AI-Detectorは簡単な検査ならたった15枚のマスター写真で始められます。

・ビッグデータなのでサーバーやクラウドが必要となり初期登録、月次使用料、管理費がかかる。
→その点、AI-Detectorは基本パソコン1台で完結します。

・専門プログラム用語が必要であった。
→その点、AI-Detectorは専門プログラム用語が一切必要ありません。

などです。
それをクリアしたのがAI-Detectorです。

では空いた人はどうすれば良いのか。
人にしかできない難しい判断基準の検査に集中できます。
簡単な検査やカウントはAI-Detectorに任せるので人の疲れも軽減します。
ポカミスも少なくなります。
人件費も抑えることができます。
皆様もこの際に是非導入をご検討ください。