一眼レフカメラのレンズをCマウントカメラに付ける方法1

一眼レフカメラのレンズをCマウントカメラに取り付けるために下記のような変換アダプタが販売されています。

 

   

EOSのフランジバックは44mmです。

 

Cマウントのフランジバックは17.526mmです。

 

 

一眼レフカメラのフランジバックの方がかなり長くなります。

 

一眼レフカメラ用レンズは、Cマウントカメラに取り付けることは可能です。
44-17mm=27mmのオフセットをすれば焦点があいます。

 

逆にCマウント用レンズを一眼レフカメラに取り付ける方法としては下記のような一眼レフマウント⇒Cマウントという変換アダプタが市販されています。

 

 

このアダプタを使用すれば物理的には一眼レフにCマウントレンズを取り付けることができます。

ただ一眼レフカメラは一般的に産業用カメラに比べてセンサーサイズがかなり大きいため、Cマウントレンズの適合センサーサイズが基本的には合わない為おすすめはできません。