一眼レフカメラ用レンズを使ったマイクロスコープ

Nikonの望遠レンズ(f=300mm)の先端にステップダウンリングを組みあわせてM26の顕微鏡用対物レンズを取り付けます。

 

 

結像して、クリアな映像を確認できます。
レンズ側の距離調整ダイヤルは微調整レベル

 

 

 

0.2mmピッチのガラススケールを映してみます。 水平視野 0.4mm
約800~1000倍の倍率を確保できます。

 

 

 

ちなみに、標準レンズ(f=50mm程度)でもこの方法は使えます。

倍率が落ちますのでリング照明でも十分に対応できます。

 

焦点距離は40mm程度です。
焦点距離は専用のマイクロスコープより短くなります。