カメラはモノクロに対応している?

カラーカメラにモノクロ(白黒)モードのあるものと、純粋なモノクロカメラ(白黒カメラ)があります。
観察物のエッジ麺のコントラスト強調などの用途で使う場合はどちらでもいいかもしれません。
カラーカメラのモノクロモードはもともとカラーの画像をモノクロに表現しております。

 

では純粋なモノクロカメラのメリットはなんでしょうか。
一般的にカラーカメラよりもモノクロの方が高感度です。

 

感度が高いというのはシャッタースピードや焦点深度の調整にも有利に働きます。
又、波長感度特性も異なります。
センサーそのものの感度はあまり変わらない場合もあります。

 

カラーカメラの分光特性例
モノクロカメラの分光特性例
   
カラーカメラのフィルター特性例

 

 

但し、カラーカメラにはフィルターが入っていることが多く、650nm程度で波長カットされているものがほとんどです。