長距離レンズを使う場合の照明

  長距離レンズの場合、作動距離が非常に長くなります。
マイクロスコープや実体顕微鏡のようにレンズに照明をつけると、照度が不足します。

*マイクロスコープや実体顕微鏡の作動距離は100mm前後です。

     
リング照明を使うのであれば、リング照明を対象物に近づける必要があります。 (対象物の大きさや必要な作業距離にもよります。)
     

 

その他にも下記のような方法もあります。

支柱取付けのツインアーム照明
低価格フレキシブルLEDスポット照明 GR-FL21
 
     
据え置きタイプのツインアーム照明
顕微鏡用薄型ツインアーム照明 SPK-D1
 
     
バーLED照明  
*バーLEDは組合可能なタイプもあります。

 

バーLED照明 LED-BL

 

バーLED照明専用 ステイ基本セット

 


 

 

距離を長く取りたい時は、集光レンズを使う等の方法もあります。

 

 

マグネットスタンドと集光レンズを組み合わせるこのとも可能です。

 

マグネット式ツインアーム照明 MGSPF-D2