ボアスコープで側視する方法

ボアスコープで側視する方法は主に2種類あります。

 

■側視タイプのボアスコープ(硬性鏡)を使う方法

 

<90°側視タイプ>
●90°側視タイプは光路構造が一方向に配置しているため、観察面に明るさのアンバランスが発生する場合があります。

 

  光路が一方向状に配置
     
  観察面の明るさはアンバランスが発生

 

照明がリング状でなく、一方向からの照明なので、対象物が光るものであれば、
画面上の明るさに不均一が発生する場合があります。

 

90°側視タイプのボアスコープの製品詳細はこちらから

 

■側視管を使う方法

 

ボアスコープの側視アダプタについて

 

直視タイプを使うので照明はリング状となります。
ミラーのエッジが写るので、画面全体で観察できません。
また、ミラー上の埃や汚れの影響(映り込み)を受けやすくなります。