ボアスコープ(硬性鏡)の視野が霞む場合の原因/ボアスコープの使用上の御注意

ボアスコープには非常に細長い「ガラス」のレンズ(ロッドレンズ)が内部に入っています。
その為、瞬間的に強い衝撃を受けると、内部のガラスレンズにクラックが入ったり、折れたりすることがあります。

 

ガラス保護の為、ステンレス管には封入されていますが、長尺、細径は特に取扱いに御注意ください。

 

               

■落とす    
     
■当てる    
     
■曲げる(横からの強い力でたわませる)
   

<症状>
ボアスコープのトラブルで一番多いのが、視野が霞んでくるというものです。

 

     
     
完全に折れると真っ黒になります。    

折れたり、クラックが入ると、レンズ部を全て交換することになります。
修理代も高額となってしまいます。

 

下写真は、実際に折れたロットレンズです。

 

 

予防策として、下記のような市販のチューブをかぶせて使われているお客様もおられます。