ハイスピードカメラの視野範囲について

基本的にハイスピードカメラは目的のfpsによって使用可能な解像度が変わります。

高fpsが必要となると必然的に解像度は低下します。

解像度が低下する際には視野がトリミングされるため、フル解像度時と解像度低下時で視野範囲が変わります。

 

カメラのセンサーサイズと視野範囲から必要なレンズを算出しても、解像度が変わってしまうと算出した通りの視野にはなりません。

レンズの選定は必要なfpsのときの解像度を目安にしてレンズを選定する必要があります。

 

例. CHU530EXでのレンズ選定

 

撮影速度 解像度 記録時間
(カメラ内蔵メモリ2GB時)
100 2592x2048 4.0秒
250 1920×1080 4.1秒
300 1280×1024 5.4秒
500 1280×768 4.4秒
800 800×600 5.6秒
1000 640×480 7.0秒
1500 512×480 5.8秒
2500 320×240 11.2秒
4000 112×80 47.8秒
7500 320×20 44.7秒

 

フル解像度(センサーサイズ:1”)で12mmのレンズを選定した場合

・300fpsでの撮影の場合、縦横の解像度が約1/2になるので必要なレンズは25mm

・1000fpsでの撮影の場合、縦横の解像度が約1/4になるので必要なレンズは50mm

 

レンズ選定に悩まれた場合はお問い合わせ下さい。