同軸照明用レンズで同軸照明とリング照明を切り替えて使う方法

同軸照明用高倍率ズームレンズ(SDS-Z)には、標準で X1.5の補助レンズが付いています。

このレンズを外せば、リング照明をとりつけることができます。

 

*但し、倍率は、65~350倍 → 45倍~270倍に 

 作動距離は、52mm → 95mm となります。

 

 

 

 

同軸照明もそのまま使えますので、対象物によって照明を変えて使うことができます。

 

 

<偏光観察も可能です。>

 

 

■LED側 拡散板を外し、偏光フィルターを取付けます。

 

■レンズ側 リング照明固定具をつけると、その先端にフルターをつけることができます。