ボアスコープの照明について

ボアスコープは通常、下記のような同軸照明を使います。

 

 

但し、反射の多い対象物に対しては、ボア用のリング照明を使う方法もあります。
(「径が10mm以上」 「あまり深さの無い」 等の限定条件が発生します。)

 

同軸照明を外して、専用リング照明を付けます。

 

 

 

但し、ボア部分に直接、接続できないので、治具を製作する必要があります。
(ボアスコープのロッド部分はレンズが入っており、外力に弱い為)

 

 軽量なので簡易的な
チャック治具でも観察可能です。
 リング照明の固定穴を使って
しっかりと固定もできます。
   
   
■観察のポイント   
 直視タイプのボアではあまり差はでません。   
   

<同軸照明>

<リング照明> 
   

 

 
斜視や側視タイプのボアでは、ハレーションを防ぐ効果があります。
   

<同軸照明>

<リング照明>