顕微鏡写真をハイビジョン撮影する場合の画角

ハイビジョンの映像は 16:9 の横長の映像となります。(1920X1080)

 

 

顕微鏡の視野は丸い視野となります。

 

 

ハイビジョンカメラで顕微鏡の映像を撮るため為には下記の2つの方法のいずれかとなります。

 

1.
顕微鏡の全ての視野を撮影する場合、
モニタ上に小さく映像を出します。
(解像度が1/4程度になります。)
    2.
ケラレ(影)を出さないように撮影すると
実際の視野より小さくなります。
(実際より、拡大されてしまいます。)
 
     
裸眼観察の視野   HDCE-20T
顕微鏡用ハイビジョンカメラで撮影
 
     

 

視野を広げたい場合、4:3のカメラ(PCモニタダイレクト(アナログRGB)カメラやビデオカメラ)を使い、視野の広いレンズを使います。(若干のケラレは出ます。)

 

下記は弊社のPCモニタダイレクト(アナログRGB)カメラにX0.36のレンズを取り付けた顕微鏡用カメラの映像です。
*四隅に影が発生します。解像度もハイビジョンよりは落ちます。

 

 

4:3のカメラを使い視野の広いレンズを使用 
下図のようなイメージです。