一眼レフカメラでの実体顕微鏡撮影時のコツ

■ピント合わせ

顕微鏡撮影時のピント合わせは顕微鏡接眼レンズでなく、カメラの液晶画面を見ながら行ってください。(ライブビュー機能のないカメラではファインダーとなります。)
 
 
接眼レンズでピントを合わせても、通常ではカメラのピントと一致しません。
(顕微鏡に視度調整やバックフォーカスが有る場合は調性できることもあります。)
 

 

■手振れ防止

手振れをおこすとピンボケしたような写真になります。
手振れを防ぐ為、リモートコントロールを使用するかリモートコントロールが無い場合はセルフタイマーを設定して撮影を行ってください。
低振動モードがあるカメラの場合は低振動モードをON(1秒程度)に設定してください。
 

 

■露出調整

撮影を行う際は露出優先モード(ダイヤルA) が手軽です。画面が暗かったり明るすぎる場合は明暗コントロール(±)を調整してください。
但し、カメラによっては、「レンズ未装着」となってしまう場合があります。
この場合は、マニュアルモードで撮影してください。
(この場合、シャッタースピードで明るさ調整します。)
 
 

 

■ホワイトバランス

顕微鏡の光源の色味により影像が赤っぽくなったり、青ぽっくなる場合などはマニュアル調整をしてください。
顕微鏡の光源を適正にして、検体を外し、画面に何もない状態(生物顕微鏡であれば、検体のないガラス部分、実体顕微鏡であれば、白またはグレー板)にして、その画面を白と認識させます。 ※詳細な操作はカメラの説明書を御確認ください。
 

 

■ISO感度

ISO感度は高すぎると画質が低下します。画面が暗い場合は、顕微鏡の照明を明るくするか、シャッタースピードを遅くする等の方法をとり、感度を低めに設定して撮影を行うときれいな映像が撮影できます。
 

 

 

 

 

 

顕微鏡用カメラの視野と倍率の考え方(JIS鏡筒の場合)

顕微鏡側のカメラの接続部がJIS鏡筒の場合、JIS鏡筒では倍率を変えることができません。(等倍です。)
この鏡筒にカメラを接続する場合はカメラ側にリレーレンズがついています。このリレーレンズに倍率があります。
 
倍率計算は下記の通りです。

モニタ倍率 = 対物レンズの倍率 × リレーレンズの倍率 × (モニタの対角長/カメラ撮像素子の対角長)
となります。

 
 
1/2.5インチのカメラ(撮像素子対角7mm)、
19インチモニタ(対角470mm)
リレーレンズ(0.45倍)、
対物レンズ10倍 
で確認しました。

<計算倍率>
10倍 X 0.45倍 X(470mm/7mm)= 302倍

 
 
19インチモニタの水平方向の寸法が370mmなので、右の写真が画面一杯に広がったとすると

<実測倍率>
370/1.2mm=308倍

となります。
計算倍率(モニタ上での倍率)と実測倍率が一致します。

 
弊社では0.45倍と0.37倍のリレーレンズをご用意しております。 出荷時にカメラの撮像素子のサイズ等により使い分けてお客様にご提供しております。
 

 

 

 

マイクロスコープなんでも辞典

 

顕微鏡用カメラの視野と倍率の考え方(Cマウントの場合)

顕微鏡を裸眼で観察すると、視野は丸くなります。 (0.5mm刻みのガラススケールをテストサンプルにしています。)
 
これをカメラで撮影すると4:3等の長方形となり、見た目よりは拡大されて撮影されます。 また、カメラ接続部(リレーレンズ)の倍率、カメラの撮像素子サイズ、等でも視野が変わってしまいます。(組合せで赤色の視野にも青色の視野にもなります。) これをモニタ倍率で表現(計算)することもできます。
 

 

■カメラ接続部がCマウントの場合
顕微鏡側のカメラの接続部がCマウントの場合、Cマウント部にも倍率があります。
 
倍率計算は下記の通りです。
モニタ倍率 = 対物レンズの倍率 × Cマウントの倍率 × (モニタの対角長/カメラ撮像素子の対角長)
 

 

 
1/2.5インチのカメラ(カメラ撮像素子の対角7mm)、
19インチモニタ(対角470mm)、
Cマウント部(等倍)、
対物レンズ10倍
で確認しました。
 
<計算倍率> 
10倍 X 1倍 X (470mm/7mm)= 670倍
 
 
19インチモニタの水平方向の寸法が370mmなので、右の写真が画面一杯に広がったとすると

<実測倍率>
370/0.55mm=672倍 

となります。
計算倍率(モニタ上での倍率)と実測倍率が一致します。

視野を広げる場合は、Cマウントアダプタの倍率を下げる必要があります。

他社様のカタログを確認すると色々な倍率があるようです。

 
 

 

 

 

マイクロスコープなんでも辞典

 

金属顕微鏡の珍しい使い方

金属顕微鏡で髪の毛のキューティクルも観察できます。
 

 

 
金属顕微鏡でも髪の毛のキューティクルを見ることが可能です。
ただし金属顕微鏡は本体サイズが203x255x421(H)mmと大きなものとなります。

 

 

マイクロスコープなんでも辞典

 

顕微鏡で撮影する方法

顕微鏡で撮影するために接眼レンズ または JIS鏡筒部分に接続する顕微鏡用カメラをご紹介いたします。
 
1.顕微鏡用カメラ
 
 
通常、顕微鏡用カメラはケラレ(四隅の影)がでないように作られております。
ケラレがでないように余裕をみて設計しますが、その度合いはメーカーにより異なります。
但し、裸眼観察よりは確実に拡大されます。

顕微鏡用カメラのレンズは固定倍率の為、このままでは視野を変えることはできません。

 
松電舎の顕微鏡用カメラはこちらから
 
 

 

2.市販のビデオカメラとリレーレンズ
 
リレーレンズ リレーレンズ
 
市販のビデオカメラにリレーレンズを装着して観察しています。
市販のビデオカメラにはズーム機能があります。
このズーム機能を使い、視野を調整しました。
ケラレ(四隅の影)は発生しますが、視野を広くとることができます。(一番上の写真の黄枠)
 

 

更に詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

 

マイクロスコープなんでも辞典

 
 

顕微鏡用カメラの接続について

顕微鏡のカメラポートには大きく分けると
「JIS鏡筒」と「Cマウント」の二つがあります。
(メーカー独自のものや海外製のものではこれ以外のタイプもあります。)

JIS鏡筒
(内径23.2mmの直筒)
 
Cマウント
(M25.4mmのオスねじ)
 

 

<JIS鏡筒に取り付ける顕微鏡用カメラ>
カメラ先端に顕微鏡と接続する為のレンズが付いています。
このレンズを交換することで撮影視野(倍率)を変えることができます。
このカメラの最大のメリットは、接眼レンズ部にも接続できることです。

<Cマウントに取り付ける顕微鏡用カメラ>
Cマウントはカメラの規格です。
カメラの規格のため、顕微鏡専用カメラは不要です。
Cマウントタイプの汎用カメラがそのまま接続できることが最大のメリットです。(接眼レンズ部には接続できません。)

 

更に詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

 

 

マイクロスコープなんでも辞典