顕微鏡での目視検査からの置き換え

目視検査を顕微鏡からマイクロスコープに

検査ライン等で顕微鏡を使用しての検査は多いかと思います。
顕微鏡での検査は非常に疲れるため、検査員の方にかなりの負担が掛かります。
そこで顕微鏡からマイクロスコープに置き換えたいと考えている方が多いです。
ただマイクロスコープも種類が多く、最適な物を選ばなければ余計に負担を掛けてしまうこともあります。
顕微鏡からマイクロスコープに置き換える際の注視すべきポイントは3つです。

 

 

置き換えに大事な3つのポイント

①フレームレートが高い機種を選ぶこと
マイクロスコープは映像としてPCやモニターに表示されます。
フレームレートが低ければ映し出した映像が滑らかに動かないので、余計にストレスとなってしまいます。
フレームレートは数値で表されているのですが、人が違和感を感じない数値は50~60fps程です。
30fpsを下回ると、違和感も顕著に現れます。
PCに接続出来るタイプはUSBの通信速度の問題でフレームレートが低いことが多いです。
その為、モニター直結タイプを選ぶことをおすすめします。

 

 

②色の再現性の良い機種を選ぶこと
マイクロスコープに使用しているカメラによって見え方が異なります。
その為、色の再現が綺麗なもの、あまり綺麗ではない物が存在します。
色が綺麗に映らないと、人の脳で違和感が発生してしまいストレスとなってしまいます。
赤色の物が少しオレンジに見えたりするだけで、違和感を感じストレスと感じます。
フルハイビジョンカメラを選べば、色の再現性も比較的高いため、鮮明な映像が得られます。
 

 

③ダイナミックレンジの広い機種を選ぶこと
ダイナミックレンジという言葉はあまり耳にすることはないかと思いますが
簡単に説明しますと、明るいものと暗いものを同時に映した時に、片方に明るさを合わせると、もう一方が白飛びまたは黒つぶれしてしまう事があります。
こういった現象を解消するためにはダイナミックレンジが広いカメラが必要になります。
ダイナミックレンジはカメラが持っているステータスですが、これもカメラによって異なります。
汎用的なカメラと比較すると、人の目は非常に優秀でダイナミックレンジはとても広いです。
人の目で見た物とカメラを通して見た物で違和感を感じる大きな部分は、ダイナミックレンジの違いによるものが多いです。
ダイナミックレンジが広いという内容を前面に押し出した機種等があるので、そういった機種を選ぶのが最適かと思います。
 

 

おすすめの機種は

上記3点を全て満たしている機種は弊社でもご用意がございます。
フルハイビジョンマイクロスコープ
フレームレート=60fps
色の再現性=解像度がフルハイビジョンの為、非常に鮮明
ダイナミックレンジ=HDR(ハイダイナミックレンジ)機能搭載で広い
デモ機もございますので、是非一度お試しください。
 

 

 

 

AI外観検査ソフトと人間が行う目視検査の違い

人がやっている外観検査やカウントでは以下の問題のどれかが必ず発生しています。

問題1.
・検査担当者の個人レベル差が生じる
・または検査仕様書はあるが検査基準が微妙である
例)
熟練者の場合はNG品の見逃しが少なく、グレー品をNGとするのも少ない。
経験浅い者:NG品の見逃しが多く、グレー品をNGとするのも多い。
このグレー品を熟練者が再検査しなければならないということは再検査の必要があり、効率悪い。
または廃棄金額が多くなる

問題2.
熟練者であったとしても
人は疲れや気分により検査が変わる。
または置場間違いのようなポカミスをしてしまう。
例えばお腹が空いたなぁと思いながら、検査しているかもしれません。

問題3.
人件費がかかる。
熟練者であればあるほど賃金高騰する。

逆にこのAI-Detectorは疲れません。
気分のムラもありません。
賃金UPも要求されません。
ですが複雑なことは出来ません。
しかし従来の自動外観検査ソフトと違って、マスター写真を追加することで熟練度がアップできます。

上記のヒューマンエラーを減少させることや、人件費を抑えるため
今、「人がやっている簡単な外観検査やカウント」をこのAI-Detectorに置き換えて頂くことで上記問題がクリアになります。

AIを使った自動外観検査が他メーカーさんでも色々とありますが上記のような効果のためには活用しにくいものでした。

理由は
・システム全体の価格が高すぎて、費用対効果がでない。
テストするのも尻込みする価格であった。
→その点、AI-Detectorは178,000円(税抜)と超お買い得価格です。

・マスター写真が200~500枚程度とビッグデータが必要。
→その点、AI-Detectorは簡単な検査ならたった15枚のマスター写真で始められます。

・ビッグデータなのでサーバーやクラウドが必要となり初期登録、月次使用料、管理費がかかる。
→その点、AI-Detectorは基本パソコン1台で完結します。

・専門プログラム用語が必要であった。
→その点、AI-Detectorは専門プログラム用語が一切必要ありません。

などです。
それをクリアしたのがAI-Detectorです。

では空いた人はどうすれば良いのか。
人にしかできない難しい判断基準の検査に集中できます。
簡単な検査やカウントはAI-Detectorに任せるので人の疲れも軽減します。
ポカミスも少なくなります。
人件費も抑えることができます。
皆様もこの際に是非導入をご検討ください。

 
 

 

 

 

 

カメラのイメージサイズ(撮像素子サイズ)

Cマウントカメラの仕様書にはかならず、「イメージサイズ」、「撮像素子サイズ」が記載されています。
同じレンズを装着した場合、素子サイズが小さい方が視野が狭くなります。
また、このサイズは、視野の計算(レンズの選択)時に必要な値となります。
1画素のサイズもこれで計算できます。
例えば、130万画素(1280 X 1024)の1/2.5インチの撮像素子であれば
水平方向  5.6mm/1280画素=0.0044mm/dot
垂直方向  4.2mm/1024画素=0.0041mm/dot   となります。

ちなみに、レンズ側の仕様書にも、「1/2インチカメラ対応」等の記載があります。
この場合、「1/2インチカメラだけに対応している」という意味ではなく、「1/2インチ以下のカメラならば使える」という意味です。
但し、上にも記載したとおり、視野は変わってしまいます。

弊社が主に使っている  1/2インチ、1/2.5インチ、1/3インチ 撮像素子のサイズは下記の通りです。

<USBカメラ(4:3カメラ)>

<ハイビジョンカメラ(16:9カメラ)>
 

 

 

 

 

AI外観検査 AI-Detectorでできる検査

AI-Detectorでの主な検査方法をご紹介いたします。

①個数カウント
覚えさせた対象物が
今現在いくつ映っているかのカウントが可能です。
この機能を使用することで
検査対象に100個あるはずの穴が
きちんと空いているか等の
加工ミス等を瞬時に判断することが可能です。

②良品比較
良品画像、不良品画像を
多数覚えこませることで不良品の検出が可能となります。
良品と不良品の形状が近い場合は
多くの画像を登録させることで
精度がドンドン上がっていきます。

現在目視検査、外観検査で問題を抱えているという方は
是非一度ご相談ください。

 
 

 

 

 

 

AI外観検査のシステム例

松電舎のAI外観検査ソフトウェア AI-Detectorは簡単設定が特徴的な外観検査です。

システム例をご紹介します。

 

 

<システム例>

 
パソコン(対応OS:Windows10(64bit) Version 1809、NVIDIA社CUDA対応GPU必須)
 
I/Oユニット
 
 

AI運用の実例には以下のようなものがあります。

●カウント・個数検査

●形状一致度検出
●ラベルなどの内容の確認
●傷ブツ検出
●クラック検査
●打痕検査

●汚れ検査

●欠陥検査
など人間が目視で行っていた外観検査からの置き換えに数多く採用いただいております。

松電舎の AI-Detectorは10万円台でできるAIを使った外観検査ソフトウェアです。
社内サーバーやクラウドが不要、PC一台で始めることができ、専門知識やプログラミング言語も不要な簡単なAI外観検査です。
デモ機のご用意もございます。是非一度お試しください。

 
 

 

 

 

 

AI外観検査とは

AIとは「Artificial Intelligence」の略で、日本語では「人工知能」の意味です。
人工知能とは「学習した知識に基づいて行動するコンピューターシステム」のことです。
人間の脳が行っている知的な作業をコンピュータで模倣したソフトウェアやシステム上で行います。
具体的には、人間の使う自然言語を理解する、論理的な推論を行う、または経験から学習するコンピュータプログラムなどのことを言います。

人工知能は長年にわたって存在してきましたが、近年画期的な進歩を遂げました。
画像認識分野においては、人間の顔、車、動物、葉などの非常に複雑な画像で、多くの対象物を正常に識別します。
産業用途では、機械部品の識別、不良品検出や数量確認などに使用されます。

産業用途に使用する場合、観察対象は比較的安定した環境にあることが多いため、屋外の写真を使用する場合と比較した場合、非常に高い精度での検査を実現できます。

松電舎ではAIを使用した外観検査ソフトウェア AI-Detectorを取り扱っております。
10万円台でできるAIを使った外観検査です。
社内サーバーやクラウドが不要、PC一台で始めることができ、専門知識やプログラミング言語も不要な簡単なAI外観検査です。
デモ機のご用意もございます。是非一度お試しください。

 
 

 

 

 

 

AI外観検査 AI-Detectorでの樹脂パーツの検査

樹脂成型工程を想定しました。
NGは先端形状異常、中央の穴がバリでふさがっています。
 
検査風景のデモ動画をYoutubeにアップロードしました。
是非ご覧ください。
 
 

 

 

 

 

AI外観検査

AI(人工知能)を搭載したソフトウェア AI-Detectorを
日本・タイ・ベトナムの3か国で、同時発売いたします。

こちらのソフトはAIとチェスの人間のチャンピオンの対戦で
一般的にも広く知られた技術、
Deep Learning(深層学習)という学習方法を用いています。

人間や動物の脳神経回路を模した
ディープニューラルネットワークを用いて、
十分なデータ量があれば
人間の力なしに機械が自動的にデータから特徴を抽出してくれます。
 
例えば、製品上の傷を人の目でチェックしている場合、
その傷の写真を十分な量ソフトに与えてトレーニングさせると
その傷の自動検出が行えます。
 
今までの自動外観検査ソフトは、
人間が検査用に複雑な設定をソフト上で行い、
微調整に微調整を重ねて検査できる状態になりますが
こちらのAIソフトは画像を撮影すれば
あとはソフトが勝手に勉強してくれます。
 
必要なのはPC、グラフィックボード、ソフトウェアです。
無料デモ機のご用意もございます。お気軽にお問い合わせください。