AI外観検査のシステム例 | マイクロスコープ・産業用カメラ・顕微鏡の光学機器専門メーカー|株式会社松電舎【安心の低価格】

AI外観検査 AI-Detectorでできる検査

AI-Detectorでの主な検査方法をご紹介いたします。

①個数カウント
覚えさせた対象物が
今現在いくつ映っているかのカウントが可能です。
この機能を使用することで
検査対象に100個あるはずの穴が
きちんと空いているか等の
加工ミス等を瞬時に判断することが可能です。

②良品比較
良品画像、不良品画像を
多数覚えこませることで不良品の検出が可能となります。
良品と不良品の形状が近い場合は
多くの画像を登録させることで
精度がドンドン上がっていきます。

現在目視検査、外観検査で問題を抱えているという方は
是非一度ご相談ください。