顕微鏡で撮影する方法 | マイクロスコープ・産業用カメラ・顕微鏡の光学機器専門メーカー|株式会社松電舎【安心の低価格】

顕微鏡で撮影する方法

顕微鏡で撮影するために接眼レンズ または JIS鏡筒部分に接続する顕微鏡用カメラをご紹介いたします。
 
1.顕微鏡用カメラ
 
 
通常、顕微鏡用カメラはケラレ(四隅の影)がでないように作られております。
ケラレがでないように余裕をみて設計しますが、その度合いはメーカーにより異なります。
但し、裸眼観察よりは確実に拡大されます。

顕微鏡用カメラのレンズは固定倍率の為、このままでは視野を変えることはできません。

 
松電舎の顕微鏡用カメラはこちらから
 
 

 

2.市販のビデオカメラとリレーレンズ
 
リレーレンズ リレーレンズ
 
市販のビデオカメラにリレーレンズを装着して観察しています。
市販のビデオカメラにはズーム機能があります。
このズーム機能を使い、視野を調整しました。
ケラレ(四隅の影)は発生しますが、視野を広くとることができます。(一番上の写真の黄枠)
 

 

更に詳しい情報はこちらをご覧ください。

 

 

マイクロスコープなんでも辞典