マイクロスコープの選び方 | マイクロスコープ・産業用カメラ・顕微鏡の光学機器専門メーカー|株式会社松電舎【安心の低価格】

マイクロスコープの選び方

マイクロスコープの選び方の基準や方法は色々とあります。
今回は、3つのSTEPに分けて考えてみます。

 

<STEP1>  基本システムの選択
まず、倍率、作動距離、表示速度を考えます。

(1)倍率(視野範囲) 
顕微鏡と異なり、絶対倍率がありません。(参考「マイクロスコープの倍率」)
どのくらいの視野をモニタに映したいかで考えます。
弊社では下記のように分けています。
●低倍率:5倍~50倍程度 (68 x 51mm視野~7.0 x 5.3mm視野 程度)
●中倍率:20倍~140倍程度 (17.5 x 13.2mm視野~2.7 x 2.0mm視野 程度)
●高倍率1:40倍~240倍程度 (9.0 x 6.7mm視野~1.4 x 1.0mm視野 程度)
●高倍率2:80倍~480倍程度 (4.5 x 3.3mm視野~0.7 x 0.5mm視野 程度)
●超高倍率:最大倍率が1000倍を超えるもの

(2)作動距離
レンズ先端から対象物までの距離です。
松電舎のマイクロスコープは基本的にズームレンズのため作動距離は一定です。
使用環境に合わせて必要な距離を考えます。
※倍率が高くなる程、作動距離は短くなるので物理的な限界はあります。

(3)表示速度
検査ラインや加工しながらの観察であれば、ハイビジョンタイプを選択します。
(表示遅れのないスムーズな映像が実現できます。PC不要なのも現場向きです。)

品質管理用途 等であれば、USBタイプを選択します。PCとソフトウェアを利用して様々な付加価値 (距離測定、一時停止、インターバル撮影、撮影した映像の一覧表示、焦点合成)を付けることができます。 
もちろん、映像の保存、保存画像の読み出しが1つのPCでできます。

 

<STEP2>  解像度の選択
解像度は基本システムが決まってから考えます。

ハイビジョンタイプであれば 
1920X1080で決まっています。

USBタイプであれば
300万画素CMOS、500万画素CMOSから選択します。 
USBの場合は、USB2.0かUSB3.0の選択も必要です。
USB3.0はUSB2.0に比べ通信速度が速く
ピント合わせや位置合わせ等の動きに対して有利となります。

 

<STEP3> 照明の選択
松電舎のマイクロスコープの標準付属品は基本リング照明です。
高倍率になると、リング照明と同軸照明からの選択ができます。
その他に、透過照明、ドーム照明、ローアングル(暗視野観察)照明、マルチライティング照明等への変更または追加が可能です。

以上がマイクロスコープの選び方の基本となります。

更に詳しい情報はこちらをご覧ください。

マイクロスコープなんでも辞典

 
 

 

 

 

どのマイクロスコープが御社に最適か簡単にお選びいただけます。