マイクロスコープの倍率の考え方 | マイクロスコープ・産業用カメラ・顕微鏡の光学機器専門メーカー|株式会社松電舎【安心の低価格】

マイクロスコープの倍率について

マイクロスコープの総合倍率は簡単にいうと
1mmの対象物がモニタ上で10mmになっていれば「10倍」です。

総合倍率を計算で算出ができます。
その場合は、光学倍率(レンズの目盛)以外にもカメラの撮像素子サイズ、モニタのインチ数も関わるので少し複雑です。

計算方法は・・・

総合倍率=モニタ倍率×光学倍率(レンズの目盛)

モニタ倍率は下記の式で求めます。

モニタ倍率=(モニタのインチ数×25.4mm)/撮像素子サイズ

*撮像素子サイズは 6mm(1/3インチカメラ)、7mm(1/2.5インチカメラ)、8mm(1/2インチカメラ)とカメラのインチ数によってそれぞれ違います。 

更に詳しい情報はこちらをご覧ください。

マイクロスコープなんでも辞典