ボアスコープの耐熱仕様について | マイクロスコープ・産業用カメラ・顕微鏡の光学機器専門メーカー|株式会社松電舎【安心の低価格】

ボアスコープの耐熱仕様について

耐熱ボアスコープは
150℃を超えると冷却装置が必要となり、完全なカスタム品となります。
冷却装置が不要なものであれば、150℃程度まではあります。
これであれば、追加装置等も不要ですので簡単に導入できます。
 

 

それ以上になると、別途冷却装置が必要となります。1800℃程度までは対応可能です。
但し、冷却装置等の付属装置も必要となりますので、完全にカスタム品となります。
 
 
また松電舎では120℃まで対応の耐熱ボアスコープもご用意しております。