ハイスピードカメラの選び方 | 株式会社松電舎【安心の低価格】

必見!ハイスピードカメラの選び方

ハイスピードカメラとは

通常のビデオフレームレート(30FPS)を超える撮影速度を持つカメラのことです。
言いかえると高速度の現象を撮影するカメラとなります。
明確な定義ではありませんが、高速度カメラでは100FPS以上の高速度を撮影できるものが多いです。
ハイスピードカメラと言ってもメーカー、モデルも様々あり、ハイグレードな仕様を持つモノでは数百万円する高額なモノも多いです。
ではハイスピードカメラを購入する際に何を基準に選定すれば良いのでしょうか?

 

 

ハイスピードカメラ選定 ~その時、必要な情報とは?~ 

では実際にハイスピードカメラを選定する際にはどんな情報が必要なのでしょうか?
先程は速度の話をしましたが、必要な情報はそれだけではありません。
『コマ数(スピード)』、『画素数』、『記録時間』、『モノクロかカラー』などの情報が最低限、必要になります。
次項目から各々の情報について見ていきましょう。
 

 

 

ハイスピードカメラ選定 ~コマ数(スピード)~

ハイスピードカメラといってもメーカーやモデルによって、撮影速度が最大何コマ/秒(FPS)できるかは多種類あります。
また一般的に撮影速度が早くなればなるほど価格が高くなっていきます。
例えば、撮影したい高速度の現象よりも撮影速度が遅いとうまく撮影できません。
逆に早すぎるとオーバースペックとなり、無駄に高額となってしまいます。
ではどんなコマ数(スピード)のハイスピードカメラを選定すれば良いのでしょうか?
それは撮影したい高速度現象にそのカメラが対応したコマ数(スピード)をカバーしているかが重要です。
 

 

 

ハイスピードカメラ選定 ~解像度~

ハイスピードカメラといってもメーカーやモデルによって、最大解像度(ピクセル、Pixel)は多種類あります。
また一般的に最大解像度が高くなればなるほど価格が高くなっていきます。
さらに高解像度だとデータ量も多くなり、記録時間が短くなる傾向にあります。
ではどんな解像度のハイスピードカメラを選定すれば良いのでしょうか?
ハイスピードカメラは撮影するだけで終わりではありません。
撮影後、「動画保存」、「コマ送り再生」、「静止画抜取り・保存」、「運動解析・流体解析などのソフト解析や評価」などを行います。
その際に重要な情報が解像度です。
例えば、撮影後に詳細な解析や評価がしたいのであれば高解像度なモノを選択。
逆にしたいことよりも高解像度すぎるとオーバースペックとなり、無駄に高額となってしまいます。
ではどんな解像度のハイスピードカメラを選定すれば良いのでしょうか?
それは撮影後に何がしたいのかによって、その必要な解像度が決まります。
その必要な解像度が最大解像度内であるかどうかが重要です。
また最大解像度内で解像度を選択できるモノであれば、撮影する際に使用する撮影解像度の選択をして下さい。
最高解像度ですと無駄にデータ量が多くなり、結果、撮影コマ数(スピード)が遅くなったり、記録時間が短くなってしまいます。
というふうに実際には先ほどの撮影コマ数(スピード)と必要解像度は密接な関係にあり、記録できる時間に影響します。
もしメーカーやモデルが多種あり、比較が難しい場合にはVGA(640×480)の解像度で比較選定いただいただくのがおススメです。

 

 

 

 

ハイスピードカメラ選定 ~記録時間~

ハイスピードカメラにはモノクロとカラーがあります。
カラーを求める声をよく聞きますが、実はモノクロの方が映像は綺麗に撮影できます。
解析・分析・評価にカラー情報が必要ない場合はモノクロタイプを選ぶことをオススメします。
モノクロにすると映像が綺麗なだけでなく、明るさもカラーに比べて明るく、撮影ファイルサイズも小さくなります。

 

 

 

ハイスピードカメラ選定 ~総合まとめ~

前述しました『コマ数(スピード)』、『画素数』、『記録時間』、『モノクロかカラー』などの情報はこの4つの情報は密接に関係しており、ハイスピードカメラの選定時に最低限、必要な情報です。
また上記4項目以外にもストロボ同期などの照明、撮影距離や倍率に関わるレンズ選定、画像記録保存媒体や方法などの選定も必要になってきます。
ハイスピードカメラの選定及び、付随する機器選定などでお困りのことがございましたらお気軽に弊社にお問合せ下さい。
その際には下記の情報をご連絡くださいませ。
・撮影対象は何
・撮影対象の大きさ
・撮影対象はどれくらいのスピード
・撮影対象からレンズまでの距離
・記録時間はどれくらい必要
・モノクロかカラーか
・撮影後、何がしたい

 

 

 
 

 

松電舎のハイスピードカメララインナップこちらから