• HOME
  • 技術ブログ
  • EI710
  • パターンマッチング型外観検査ソフトウェア EI710における照明の使い方

2021.06.21

パターンマッチング型外観検査ソフトウェア EI710における照明の使い方

照明の当て方

製品に光沢がある場合は、光源が写り込んでテカらないようにするのが肝心です。
下の検査品をリング照明をレンズに取り付けた場合、また対象物に近い箇所の取り付けた場合で比べてみます。

照明の検査

リング照明をレンズに取り付けた場合は、高い位置から照明を当てているため、光源が写りこんでテカリのある画像になっています。
対象物に近い場所に取り付けた場合は、低い位置から照明を当てているため、光源が写りこまず、きれいな画像が撮れています。

凸凹した部分を検出する検査の場合

凸凹した部分を検出する検査の場合は、斜めから光を当てて、凸凹が浮き上がるようにします。

凸凹した部分を検出する検査

凸凹が浮き上がる

バックライト

寸法角度検査では、エッジをキレイに写すことが重要です。
リング照明ではエッジがぼやけてしまうことがあります。
エッジをキレイに写すには(透過照明)がお勧めです。

バックライト

戻る