マイクロスコープ、実体顕微鏡、外観検査ソフト、工業用USBカメラ、工業用内視鏡、LED照明など安心の低価格で販売しております

ハイダイナミックレンジ(HDR)合成

今回は、弊社のハイビジョンカメラGR200HDに搭載された機能、ハイダイナミックレンジ(HDR)合成についてご紹介いたします。

HDR合成は、通常の画像に比べて、より幅広いダイナミックレンジを表現する為の技法です。

非常に大きなコントラストの元画像を、コントラストを落とした画像に変換します。

明暗差が大きい被写体でも、黒つぶれや白とびを少なくすることができ、隅々まで鮮やかな画像が得られます。

例えば、明暗差のある被写体を通常モードとHDRモードで撮影すると、下の写真のような差になります。

HDR1

ハイビジョンカメラGR200HDでは、メニュー画面のHDRの項目(下の写真の赤マル部分)を操作していただくと、HDR合成をおこなった画像を表示できます。

200HD

 

このHDR合成機能を応用すると、ハレーションを軽減させた映像を撮影できます。

(但し、ダイナミックレンジを広くする効果であって、無限大にするわけではないので、ハレーションを完全に除去することはできません。)

 

               ネジの軸

HDR3

              プリント基板

HDR4

 

このHDR機能にフィルターや反射板を併用すると効果はさらにアップします。

 

HDR5

HDR6

以上、ハイビジョンカメラGR200HDのハイダイナミックレンジ(HDR)合成機能のご紹介でした。

ページトップへ