マイクロスコープ、実体顕微鏡、外観検査ソフト、工業用USBカメラ、工業用内視鏡、LED照明など安心の低価格で販売しております

2014 年 10 月 のアーカイブ

静止画の撮影(連続撮影)

2014 年 10 月 17 日 金曜日

 弊社のUSBカメラには全て、「Measure」というアプリケーションソフト

(ビュアーソフト)が付属しております。

このソフトには、静止画の保存モードが3つあります。

 

1.通常のマニュアル保存

毎回、ファイル名、保存場所、拡張子(イメージタイプ)を指定する保存方法です。

File – SaveAs… をクリックして、設定します。

通常保存 

 2.オート保存

Option – Save Option をクリックして、保存前に保存場所を指定しておきます。

あとは画面上の保存ボタンをワンクリックすることで自動的に指定にフォルダに

保存されます。

 オート保存

 3.連続自動保存

 icon

上記写真の赤丸で囲んだカメラアイコンをクリックします。

そして、撮影開始までの時間、撮影枚数と撮影間隔(時間)を指定します。

保存ボタンを押すと、自動的連続撮影します。

 連続撮影

 但し、連続撮影枚数は最大で999枚です。

これ以上の枚数を連続撮影する為には、別のソフトを使う必要があります。

 

以前、当ブログでご紹介した、「WebCam動画撮影ツールCamCapt-Interval Pro(CCI-Pro)」 というソフトは、インタバル時間を入力してスタートするとメモリの許す限り、連続撮影できるようです。(限界を確認したわけではありませんが・・・)

弊社では、15秒間隔で3060枚まで撮影できることを確認しております。

連続1

連続2

 1000枚以上の連続撮影をする場合は、上記ソフトをお試しいただいては、

いかがでしょうか。

なお、このソフトは、無料版では画像サイズが制限されていますので、

画像サイズを変更する場合には、有料版をご使用いただく必要があります。

 

1000枚以上連続撮影できるソフトは、その他にも色々あると思いますので、

また別の機会にご紹介させていただきたいと思います。

超高倍率での観察

2014 年 10 月 2 日 木曜日

超高倍率観察(1000倍超え)をする場合には、収差の影響で

どうしても観察物のエッジがぼけてきます。

収差はレンズの性能の1つです。

レンズを選択することで、ある程度収差を押さえることができます。

但し、商品価格にも大きく影響しますので、観察物に応じて

レンズの使いわけが必要かと思います。

弊社では、

(1)汎用の超高倍率レンズと、

(2)極限まで性能を上げた、高性能の超高倍率レンズを

ご用意しております。

 

シリコンウエハー上のパターンを2つのレンズで観察してみました。

1200倍で観察いたしました。USBカメラには、

CCD140万画素USBカメラGR140CCDを使用いたしました。

 

汎用レンズの場合(SH140CCD

1200sh

 

高性能レンズの場合(USH140CCD

ush1200 

 

写真のように、汎用レンズでは1μmピッチの対象物はエッジが膨らみ、

一体化したように見えてしまいます。

一方、高性能レンズでは1μmピッチの対象物も個別に確認できます。

 

使い分けの基準

SH140CCD(汎用レンズ)

1μmの対象物が接近することなく存在していれば、汎用レンズでも有無確認や

位置確認ができます。

異物チェック、パターンの有無などでご使用いただけると思います。

 

USH140CCD(高性能レンズ)

1μmレベルの変化のある表面観察や同じ色の粒子が集まった状態での

粒子観察などは高機能レンズが必要かと思います。 

ページトップへ