マイクロスコープ、実体顕微鏡、外観検査ソフト、工業用USBカメラ、工業用内視鏡、LED照明など安心の低価格で販売しております

2014 年 9 月 のアーカイブ

CCDとCMOSの違い

2014 年 9 月 29 日 月曜日

弊社の USB カメラには、

(1)CCD センサを使用したCCD カメラ(GR140CCD)

(2) CMOS センサを使用した CMOS カメラ(GR200BCM3、GR300BCM2など)、

の2種類があります。

この2種類のカメラの違いは何でしょうか?

 

 1.価格

CMOS センサは、 CCD センサと比較して一般的に量産しやすいです。

そのため、CMOS センサの方が価格を安くすることが可能です。

 

2.鮮明度

最近はCMOSセンサの性能も上がってきているので一概には言えませんが、

CCDの方が鮮明と言われています。

ccd-cmos1

 

3.動画にあらわれる残像

CCD センサとCMOSセンサは、シャッター方式が違うため、動画にあらわれる残像が異なります。

一般的に、CMOSセンサはローリングシャッター方式のものが多く、

CCD はグローバルシャッター方式となります。

ccd-cmos2

ローリングシャッターの方が残像が多く、直線部が湾曲しています。

このシャッター方式の違いは、具体的には、焦点の合わせやすさに影響します。

特に高倍率レンズでは、大きく影響します。

そのため、弊社の超高倍率マイクロスコープ(倍率1000倍以上で観察可能:

SH140CCD-RUSH140CCD-H)では、

CCDセンサを使用したカメラ(GR140CCD)をお勧めしております。

第17回 関西機械要素技術展出展のお知らせ

2014 年 9 月 9 日 火曜日

今回の展示会では、「松電舎だからできた!圧倒的な高画質と驚きの低価格」と題しまして、

松電舎がオススメするマイクロスコープ・顕微鏡を多数展示いたします。

 

観察したい対象物がございましたら、是非サンプルをお持ちください。

技術者がその場で機種選定のお手伝いをさせていただきます。

また、当日、松電舎からの展示会の案内状をお持ちいただいた方にはノベルティーのルーペをプレゼントいたします。

案内状のお申し込みはこちらから

みなさまのご来場を、心よりお待ちしております。

 

名称 第17回 関西機械要素技術展(M-Tech KANSAI)

日時 平成26年9月24日(水)~26日(金) 10時~18時まで(26日[金]のみ17時まで)

場所 インテックス大阪  会場へのアクセス

小間位置 19-31 (4号館)

入場 本展への入場には招待券名刺2枚が必要になります。

招待券は1枚につき1名様のみ有効です。

(会期中3日間有効。同時開催展も入場可能。)複数名でご来場される場合は人数分の招待券が必要です。

※主催者へ直接招待券を請求される方はこちらから

 
MTK14_logo02_jp

ページトップへ