マイクロスコープ、実体顕微鏡、外観検査ソフト、工業用USBカメラ、工業用内視鏡、LED照明など安心の低価格で販売しております

2013 年 6 月 のアーカイブ

第17回機械要素技術展(M-Tech) ご来場の御礼

2013 年 6 月 28 日 金曜日

株式会社松電舎は2013年6月19日~21日、東京ビッグサイトで行われた機械要素技術展に出展いたしました。

期間内、弊社出展ブースにたくさんの方にお立ち寄り頂き、お蔭様をもちまして盛況のうち、無事に終了いたす事ができました。

厚く御礼申し上げます。

 

今回ご紹介いたしました弊社マイクロスコープ・顕微鏡が皆様の今後のビジネスのお役に立てれば幸いでございます。

 

今回の展示品にご興味をお持ちになりましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

 

テクニカルサポートデスク 0120-072-250

お見積り等、その他のお問い合わせ 0120-629-250

携帯からのお問い合わせ 06-6292-8550

 

IMG_3450

技術ブログ【マイクロスコープの倍率の考え方】

2013 年 6 月 6 日 木曜日

■マイクロスコープの倍率の考え方

マイクロスコープの場合、レンズ以外にもオプション(鏡筒や補助レンズ)、
モニタサイズ、カメラの撮像素子のサイズが加わり最終的な倍率(総合倍率)
になります。

 

image02

image03

総合倍率=倍率定数 X レンズ倍率(目盛 )X 鏡筒倍率

(例)
1/2インチカメラを左写真のレンズに取り付けて
17インチモニタで観察した場合

 

54(倍率定数 )X 2.5(レンズ倍率) X 0.5 (鏡筒倍率)

=67.5倍(総合倍率)

 


 

 ■倍率以外に保存画像の視野を示す方法

 

image01

 

 

 

 

マイクロスコープの倍率は

パラメーターが多く、レポート等に

条件を示す場合に複雑になります。

 

そこで、倍率ではなく、左写真のように

校正値を残して映像を保存します。

そうすれば、映像ん大体の

視野が判断できます。

これを倍率のかわりに利用することが

できます。

 

 

ページトップへ