ブックタイトルSHODENSHA 2016-2017 光学機器総合カタログ

ページ
55/112

このページは SHODENSHA 2016-2017 光学機器総合カタログ の電子ブックに掲載されている55ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

SHODENSHA 2016-2017 光学機器総合カタログ

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

SHODENSHA 2016-2017 光学機器総合カタログ

USBマイクロスコープソフトウェア自動外観検査照  明工業用カメラ・レンズ工業用内視鏡ハイスピード顕微鏡マイクロスコープオプションビデオマイクロスコープPCモニタダイレクトマイクロスコープハイビジョンマイクロスコープUV(紫外線)LED光源装置OPTION FOR DIGITAL MICROSCOPEマイクロスコープ オプション53デジタルマイクロメーター付のXYテーブル。マイクロスコープや実体顕微鏡の小型スタンドに取り付け可能。・ステージサイズ:150mmx150mm・計測範囲:X軸25mm、Y軸25mm主な特長●回転台 ●透過用ガラス板●デジタルマイクロメーター付属品デジタルマイクロメーター付XYテーブルTD100¥84,000円(税抜)※TD100を弊社スタンドに取り付ける場合、 マイクロスコープへの取付例 実体顕微鏡への取付例 小型スタンドのみ可能となります。測定アプリケーションのご紹介P49でご紹介したインジケータ付粗微動スタンドと汎用的なデジタルマイクロメーター付XYステージを併用すればXYZ軸を測定することができます。その際、XY軸の基準線となるクロスライン発生機能付のマイクロスコープ/カメラが必要となります。画面上にクロスラインを表示させ、対象物をその線に合わせます。そのポイントからXY方向にテーブルを動かした距離がデジタルマイクロメータに測定値として表示されます。アングルを回し、レンズが移動した距離がデジタルインジケータに測定値として表示されます。MeasurePRO<XY軸計測の場合><Z軸計測の場合>弊社のハイビジョン、PCモニタダイレクトマイクロスコープにはクロスライン発生機能が標準付属しております。(※ビデオマイクロスコープにはクロスライン発生機能が付属しておりません。)弊社のUSBマイクロスコープの場合、オプションの計測ソフトのMeasurePROを使えばクロスラインを表示させることが可能です。