ブックタイトルSHODENSHA 2016-2017 光学機器総合カタログ

ページ
30/112

このページは SHODENSHA 2016-2017 光学機器総合カタログ の電子ブックに掲載されている30ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

SHODENSHA 2016-2017 光学機器総合カタログ

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

SHODENSHA 2016-2017 光学機器総合カタログ

28 USBマイクロスコープソフトウェア自動外観検査照  明工業用カメラ・レンズ工業用内視鏡ハイスピード顕微鏡マイクロスコープオプションビデオマイクロスコープPCモニタダイレクトマイクロスコープハイビジョンマイクロスコープUV(紫外線)LED光源装置FULL HD MICROSCOPEハイビジョンマイクロスコープこのタイプのマイクロスコープ/カメラはモニタに直結するだけで高解像度の映像をみることができます。また、USBカメラと違い、表示遅れやコマ落ちが無いのが大きなメリットです。但し、接続するモニタに少し注意が必要です。解像度としては1920x1080(フルハイビジョン)となりますので、1920x1080以上の解像度のモニタをご使用ください。(説明書にフルハイビジョン対応もしくは1080P対応となっていれば、ご使用いただけます。)出来る限り、テレビチューナーの入っていないモニタをお使いください。(HDMI 端子がついたPC モニタや産業用モニタ等をおすすめします。テレビチューナーの入っている家庭用テレビではプロテクト信号等の問題で映像が表示されない場合があります。)ノートPC等でHDMI端子(ハイビジョン端子)がついているものがありますが、これは出力端子となりますので接続しても映像は表示されません。(モニタの説明書抜粋)カメラのダイナミックレンジとは、撮像素子に入ってくる光のうちセンサが飽和(白とび)しないもっとも明るい部分とセンサが反応しない(色つぶれ)もっとも暗い部分の差のことです。その比率(明度差)を広くとるように加工を加える技術がHDR機能です。HDR機能を有効にすると、ハレーション(白とび)の抑制や明度差のある画像の修正に効果があります。出力端子ですので接続しても映像は表示されません。1 23ハイビジョンマイクロスコープ/ハイビジョンカメラの特長ハイビジョンマイクロスコープ/ハイビジョンカメラに接続するモニタについてHDR(ハイダイナミックレンジ)機能とはHDMIケーブルでモニタに直結。※HDMI端子がついたPCモニタや、産業用 モニタをおすすめします。簡単接続・簡単設定圧倒的な高画質表示遅れなし最高解像度規格1920x1080のフルハイビジョン!200万画素USBタイプの7倍以上の表示速度。通常ビデオタイプの5倍の解像度を両立。残像なし!! ×<明度差の修正 コインの場合><ハレーションの抑制 基板の場合><ハレーションの抑制 ネジの軸の場合><通常モード> <HDR モード><通常モード> <HDR モード> <通常モード> <HDR モード>ハイビジョンマイクロスコープ/ハイビジョンカメラにはHDR機能が標準装備