ブックタイトルSHODENSHA 2016-2017 光学機器総合カタログ

ページ
29/112

このページは SHODENSHA 2016-2017 光学機器総合カタログ の電子ブックに掲載されている29ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「ブックを開く」ボタンをクリックすると今すぐブックを開きます。

SHODENSHA 2016-2017 光学機器総合カタログ

ブックを読む

Flash版でブックを開く

このブックはこの環境からは閲覧できません。

概要

SHODENSHA 2016-2017 光学機器総合カタログ

27USBマイクロスコープソフトウェア自動外観検査照  明工業用カメラ・レンズ工業用内視鏡ハイスピード顕微鏡マイクロスコープオプションビデオマイクロスコープPCモニタダイレクトマイクロスコープハイビジョンマイクロスコープUV(紫外線)LED光源装置USB MICROSCOPE / SOFTWAREUSBマイクロスコープ/ソフトウェアWindows7WindowsVistaWindows8Windows10WinROOF 2015 Liteは、複数の画像を連結し、1枚の連結画像を作成する画像連結機能に加え、多彩な計測、マイクロスコープだけでなく実体顕微鏡での観察画像のフォーカス合成(焦点合成)機能が付属した、高機能画像処理・画像解析ソフトウェアです。・縦横(枚数に制限なし)に複数撮影した画像を連結し、連結画像の作成が可能。・手動でステージを動かし、撮影しながらの画像連結・手動で上下ピント調整ハンドル(粗動アングル)を回しながらフォーカス合成が可能・凹凸のある対象物は通常一方にしか焦点が合いません。焦点を合わせた画像を複数撮影し、その画像を1枚の画像にする合成機能が搭載主な特長・対応OS:Windows Vista以降(32/64bit)推奨・CPU:2.0GHz 以上 ・メモリ:2GB以上・ディスプレイ:フルカラーXGA (1024×768)以上・インターフェイス:USB2.0ポート×1動作環境高機能画像処理・画像解析ソフト 三谷商事株式会社製WinROOF 2015 Lite¥200,000円(税抜)くるっと合成機能(手動で上下ピント調整ハンドル(粗動アングル)を回しながらフォーカス合成が可能)他の焦点合成ソフトで合成した画像WinRoof 2015 Liteを使って焦点合成した画像顕微鏡、マイクロスコープの上下ピント調整ハンドル(粗動アングル)を回しながら、焦点合成をする「 くるっと合成」機能が標準付属。高さがあり1枚の画像を撮影するとピントがボケてしまうような場合に、手軽にフォーカス合成画像を作成することが可能です。フォーカス合成機能(焦点を合わせた画像を複数撮影し、それを1枚の画像にする合成機能)<フォーカス合成前> <フォーカス合成後>焦点の異なった複数枚の画像を合成し、 画像全体に焦点が合った全焦点画像の作成機能(フォーカス合成)を備えています。 特に凹凸のある対象物に効果を発揮し、複数枚の画像を一つ一つ並べて比較する作業がなくなります。2 点間距離校正用ガラススケール焦点合成機能ハレーション修正機能E x c e l 出力画像のデータのサムネイル表示画面表示倍率変更(デジタルズーム機能)クロスライン表示格子目盛表示X Y 軸目盛表示画像連結機能( タイリング機能)画像平均化対応O SMeasurePRO○2枚付属 (GS-0.2、GS-0.5)××○○○任意の位置に複数表示可○○××Windows10までMeasurePRO-Ex○2枚付属 (GS-0.2、GS-0.5)○○○○○任意の位置に複数表示可○○×○Windows10までWinROOF 2015 Lite○×○○○○○画面中央に縦横一本の表示可○×○○Windows10まで■ MeasurePRO/MeasurePRO-Ex/WinROOF 2015 Liteの性能比較計測項目■ ポイント座標■ 3点指定角度■ 4点指定角度■ 3点指定円■ 近似円■ 矩形■ 2点間距離■ 平行線間距離■ 水平平行線間距離■ 垂直平行線間距離■ 垂直距離■ 円中心間距離■ 楕円■ 近似直線■ 3点指定円弧<画像連結前> <画像連結後>画像連結機能(タイリング機能)デジタルマイクロスコープの一視野の観察範囲では収まりきらない対象物に対して、 画面を分割して撮影しそれらの画像を貼り合わせることで広視野高解像度を生成する画像連結機能(タイリング機能)が付属しています。顕微鏡などの拡大画像を利用する際に、精度を保ったまま広範囲の観察や解析を行うことができます。Renewalリニューアル