マイクロスコープ、実体顕微鏡、外観検査ソフト、工業用USBカメラ、工業用内視鏡、LED照明など安心の低価格で販売しております

2015 年 5 月 のアーカイブ

スキンケア

2015 年 5 月 29 日 金曜日

最近では美容業界でもマイクロスコープを使い

肌をチェックすることが当たり前になってきています。

50倍などで肌をチェックするそうですが女性の方はまじまじと

自分の肌を拡大されたものをみることとなります・・・。

マイクロスコープの良いとこでもあり悪い所が見えてしまうというところ。

見たくて行ったけれどもやっぱり見なければよかったとも言えますよね(笑)

がっかりした方はそこで今ならこういった商品があるので大丈夫です!!

などと言われ買っちゃうのかなと思うと見えすぎるのも怖いかもしれませんね。

マイクロスコープの用途

2015 年 5 月 22 日 金曜日

マイクロスコープには、様々な用途があります。

例えば「異物解析」などで、食品などに混入した、ごく微小な異物が何であるか、などの解析を行います。

以前、食品などに混入した異物が問題となり、随分ニュースになったようですが、マイクロスコープを用いれば、その異物が「髪の毛」なのか、あるいはブラシなどの毛なのかも一目瞭然で解析できるのです。

また、薬の錠剤のコーティングなども、全ての面にピントが合うため、凹凸面の解析ができるのです。

余談ですが、以前「印刷会社」に勤めていたときに、1枚印刷したものを責任者が「ルーペ」で何か確認していたようですが、色むらなどをチェックしていたようです。(事務員だったのでよくわかりませんでしたが)現在ではこのような検査にもマイクロスコープが使用されているようで、用途の広がりを感じます。

 

MI治療

2015 年 5 月 15 日 金曜日

「MI治療」とはなんでしょう?

「ミニマル・インターベンション」の略で、歯の治療において、歯質や歯髄への犠牲を最小限におさえ、適切な治療を行うものです。

つい最近まで、歯科治療は大部分がドクターの肉眼にたよってきました。見えにくい口腔の奥の治療になると、手さぐりや感にたよることもあり、必要ない部分まで削ったり、削るべき部分が残ってしまったりしたようです。

しかし、マイクロスコープの登場により、より精度の高い治療ができるようになりました。マイクロスコープを使って肉眼では確認できない部分まで拡大することにより、虫歯の悪い部分だけを削り、健康な歯を削りすぎない治療が可能になったのです。

しかし、マイクロスコープはまだ比較的高価な医療機器であり、技術の取得にも時間がかかるのも事実です。

そのため、まだ「MI治療」については発展途上にあるのは間違いないですが、インターネットのホームページを検索すると、少しずつこの治療を行っておられる歯科医師さんが増加しているようです。今後の治療の発展に期待したいと思います。

 

高解像度500万画素USBマイクロスコープ

2015 年 5 月 9 日 土曜日

「高解像度500万画素USBマイクロスコープTG500PC2」

高画質500万画素CMOSセンサを搭載 簡易計測ソフトを標準装備しながら低価格を実現しました!
USB2.0の高速通信に対応しており、スムーズな動きを実現できます。
カメラは64bit対応。 倍率は25倍-135倍の連続可変です。 (35倍-200倍に変更することもできます)

TG500PC2

また、下記のような「付属品」も用意しております。

  • 500万画素USBカメラ   56灯LEDリング照明
      500万画素USBカメラ          56灯LEDリングTGレンズ   スタンド
        ズームレンズ                スタンド

デジタル生物顕微鏡

2015 年 5 月 2 日 土曜日

デジタル顕微鏡パソコンに接続するだけで簡単に画像処理ができます。

接眼レンズを覗いてプレパラートを観察したりUSB経由で顕微鏡画像をパソコン画面にリアルタイム表示、観察・撮影が可能です。血液、プラーク中の最近の観察スンプ法などを利用して髪の毛のキューティクルの観察をはじめ幅広い分野でご使用頂いております。

髪の毛のキューティクル

【豆知識 ~スンプ法とは~】

観察したい物の表面構造を非常に細かい部分まで型を取るように
写し取り、写し取ったものを観察する方法です。
植物の葉の気孔や髪の毛のキューティクルなどの光を通さない
対象物の観察に最適です。
生物顕微鏡にはこのような使用方法もあります。

画像連結ソフトを使えば連結することにより、広視野高解像度の画像を生成することができます。することにより、広視野高解像度の画像を生成することができます。

 

計測ソフト
ページトップへ